ブログの更新情報などを
SNSでお届けしています。登録はこちらから

ペットリクルート

動物病院のための求人サイト
ペットリクルートはこちら

株式会社エンジン

動物病院経営パートナーEn-Jin ブログ

このブログでは、当社の取り組みや代表の考えなどを発信していきます。
少しでも皆様の参考としていただけるよう、
できる限り具体的な情報発信を心がけています。

※紹介している事例等はすべて会員病院様等の許可を得たものです。

ブログの更新情報などをSNSでお届けしています。
登録はこちらから

ブログ更新情報をメールで受け取りたい方は
お問合せフォームから「ブログ更新通知希望」をお知らせください。

内定者フォローからオリエンテーションまでの成功事例


  • カテゴリ:ブログで動物病院経営セミナー(ウチ向きの課題)


この4月に新人スタッフを迎え入れたという
動物病院も多いと思います。

動物病院業界では新人が入社する時期と
業務的な繁忙期が重なるため、
新人の教育やケアが難しく、
早期の退職につながってしまうケースも
少なくありません。

今回紹介するのは、ある弊社会員動物病院様で
昨年内定を出してから今年の入社までを
非常にうまく進められた成功事例です。
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

1.内定の時期


どこの動物病院でも同じだと思いますが、
内定の時期は人によって様々です。

今回紹介する病院では今年は良縁にめぐまれ
獣医師3名、動物看護師5名の採用に至りました。

内定を出した時期は早い人では最終学年の4月頃、
その後夏までの間にほとんどの内定を出しましたが、
秋以降に中途入社の方に追加内定を出すなど、
一斉に内定を出すという感じではありませんでした。

 

2.夏休み


上述の通り、内定の時期がまちまちでしたので、
8名の内定者は最初は互いの顔も知らないという状況でした。

読者の皆様もご経験があるかもしれませんが、
就職先が決まった後になって、家族や友人の話を聞いて
「本当にこの就職先でよかったのかな」と心が揺れることは
少なくありません。実際に動物病院でも入社直前になって
内定を辞退されるというケースも見かけます。

そのような状態から早く脱してもらい、
少しずつ
「4月からこの病院で働くのだ」というイメージを
持ってもらうことが大切だと考え、
こちらの動物病院では実習を兼ねた
内定者顔合わせを夏休みに実施しました。

その時点で出揃っている内定者が一同に顔を合わせ、
院長先生や4月から指導役となる先輩たちとも食事をともに
することで、「この人たちが自分の同期なんだ」
「この人たちが上司・先輩になるんだ」という実感を持って
もらえたと思いますし、おそらくそれをご家族や友人、
恋人などに話したりする中で、さらにその実感を
高めてもらえたのではないかと思います。

 

3.秋~冬


秋~冬にかけては、卒業論文(研究)、国家試験、認定試験など
学生の本分が忙しくなるので、夏休みに実施したような顔合わせ
の実施は難しくなりますし、内定者の負担にもなります。

一方で、就職への迷いが最も生じやすいのがこの時期でもあり、
しっかりと内定者フォローをしておきたいところです。

そこでこちらの動物病院では、
メッセージアプリの「LINE」で

・内定者
・院長先生
・指導役の先輩スタッフ

のグループを作り、日々のコミュニケーションを図りました。

内容は院長や先輩スタッフが病院の近況を伝えたり、
試験や卒論に向けての激励、春からの一人暮らしの物件の相談など
多岐にわたったとのことです。

またこのやりとりを重ねることで、病院側としては
内定者のキャラクターを入社前にある程度把握できるという
メリットもあります。

しっかりしている人、まだ幼い感じの人、
悩みやすい人、返信が遅い人…学生なので当然色んな人がいます。
そのキャラクターをろくに把握しないまま4月に「はい、スタート」
というのがこれまでの動物病院業界の“普通”でしたが、
それではマネジメントの難易度がぐっと上がってしまいます。

事前によくコミュニケーションを取ることで、
「この人は悩みやすいからよくケアをしてあげる必要があるな」とか
「この人にはこの先輩を指導役でつけると合いそうだな」とか
入社後のマネジメントの戦略を計画的に練ることができるのです。

 

4.入社直前のオリエンテーション


そして内定者フォローの締めくくりとして行ったのが
入社直前のオリエンテーションです。

各学校の卒業式も終わった3月の下旬の午後休診の日に
中途入社も含めて内定者8名全員を集めて実施しました。

内容は
・物品の貸与
・ロッカーの位置や駐車場の位置などのレクチャー
・雇用契約や社会保険等の事務手続き
・入社してまず必要になる基本的な実務のレクチャー
を中心に実施しました。

これらのことを、4月の入社後、
病院の診察と並行して行うのは互いに負担が大きいので、
3月末の時点で落ち着いて実施できたことは
とても有意義でした。

実は私もその場に参加させてもらい、
内定者全員と1対1で簡単な面談をさせてもらいましたが、
事前に同期や先輩ともコミュニケーションを深めて
きたこともあり、皆さん緊張感を持ちながらも、
その病院で働くことを楽しみにとらえ、
とても前向きな表情をされている印象を受けました。

 

以上、今回は
内定者フォローからオリエンテーションまでの成功事例を
紹介しました。

早い病院では、そろそろ来年卒の内定者が出る頃だと思います。
(弊社会員病院でも既に内定が出始めています)

「内定を出したら4月に入社するまで放置」するのは、病院にとって
非常にリスキーで、非常にもったいないことだと認識していただき、
できる範囲で内定者フォローを実施していただければと思います。

また今年も就職説明会のシーズンが始まります。
皆様が良いご縁に巡り合われることをお祈りしています。

——————————————————–
動物病院経営パートナーEn-Jinは、
動物病院・ペット業界専門求人サイト
「ペットリクルート -Pet Recruit-」を運営しています。
【完全無料】で求人掲載できますので、
求職者との出会いにぜひご活用ください。

ペットリクルート 採用担当者様向けページ

 

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナー En-Jin 企業理念

1.院長先生の想いを推進する「エンジン」に
ノウハウや理屈を教えるだけではなく実務を推進。
「やりたいこと」を形にします。

2.動物病院のメンバーが「円陣」を組めるように
病院全体がイキイキと同じ方向に進めるよう、
スタッフマネジメントをサポートします。

3.動物病院に多くの出会いをもたらす「縁人」に
飼主様・スタッフ・外部専門家などとのご縁をつなぐ
架け橋になります。

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナーEn-Jinホームページ


完全無料の動物病院専門求人サイト ペットリクルートのご案内


  • カテゴリ:En-Jinからのお知らせ


動物病院経営パートナーEn-Jinでは、
多くの院長先生と求職者の方のご要望を受け、
動物病院・ペット業界に特化した【完全無料】の求人サイト
「ペットリクルート -Pet Recruit-」を
2017年9月にオープンし、運用してまいりました。

オープン後の細かいシステムの修正等が完了し
快適にご利用いただける環境が整いましたので、
今後は求人をご検討の皆様への周知、
求職者の皆様への周知にも
より力を注いでまいりたいと考えております。

 
▼ペットリクルート -Pet Recruit-はこちら▼

https://pet-recruit.com/

 

<ペットリクルートの3つの特徴>

【特徴1】 “本当に”完全無料で掲載できる!

多くの求人サイトでは「掲載料」
または「成功報酬」が必要となります。

当社では、日頃から多くの動物病院の求人活動に
実際に携わっており、業界向けの求人サイトを
使用する機会も非常に多くあります。

その中でクライアントである動物病院の採用担当者様から
「広告などでは『無料』と言いながら、
一定期間が経過すると有料になったり、
アカウント登録は無料だが求人掲載は有料という
求人サイトも多く見受けられ、使いづらい。」
というご意見を多く頂戴していました。

特に動物病院の場合、
獣医師・動物看護師・トリマーなど
職種ごとに掲載すると、
多額の費用がかかることも珍しくありません。

それを踏まえ、ペットリクルートでは、
【完全無料】で求人の掲載を可能としました。
情報の新鮮さを保つため掲載期間は1ヶ月間と
させていただいておりますが、
何度でも再掲載可能で、
再掲載の手続きもとても簡単です。

このようなことが可能になった理由としては、
「ペットリクルート」はもともと当社の会員動物病院に
対するサービスの一環として開設したため、
求人サイト単体の利益は度外視できるという経緯があります。

加えて、もともと動物病院業界やペット業界の
事業者や求職者に対する情報発信のノウハウがあるため、
多くの広告費をかけなくても、掲載企業や求職者を
集めることが可能です。

そのため“本当に”完全無料での求人掲載が可能となりました。

 

▼会員登録&無料求人掲載をご希望される方はこちらから▼
https://pet-recruit.com/com/register-step1.html

▼ペットリクルートの詳細についてはこちらから▼
https://pet-recruit.com/kigyou.html

 

【特徴2】 各種学校や求職者への情報発信に強い!

ペットリクルートを運営する
「動物病院経営パートナーEn-Jin」は

全国の
16の獣医大学、
104の動物看護師関連大学・専門学校
121のトリマー関連専門学校
の就職担当の先生方と日頃から連絡を取り合い、
求人・求職の連携を行っています。

また日本獣医学生協会(JAVS)に協賛し、
定期的に情報提供、情報交換をするなど
求職者側とのつながりもたくさんあります。

そのため、動物病院での求人活動のノウハウや
情報発信のチャネルが豊富で、
求職者の方に情報が届きやすいことが特徴です。

さらにTwitter、LINE、indeedなどとも連携をしており、
多くの求職者の方に求人情報を届ける仕組みを整えています。

 

▼会員登録&無料求人掲載をご希望される方はこちらから▼
https://pet-recruit.com/com/register-step1.html

▼ペットリクルートの詳細についてはこちらから▼
https://pet-recruit.com/kigyou.html

 

【特徴3】 現役獣医師監修!利用者目線のサイト構築!

ペットリクルートを運営する
「動物病院経営パートナーEn-Jin」では
日頃より動物病院やペット関連企業、求職者側
の双方との接点が多いため、
求人サイトを構築する際に、
それぞれが求人サイトに求めることを
盛り込むことが可能でした。

例えば「こだわり条件」や「WEB履歴書」の内容や
求人掲載の画面の仕様なども、
既存のフォーマットをそのまま使うのではなく、
企業側、求職者側双方のご意見を取り入れ、
現役獣医師監修のもと、
より具体的な項目を盛り込むことを大切にしました。

またペットリクルートは完全無料で掲載可能ですが、
ご要望に合わせて、
「ピックアップ求人」「自動掲載更新」「スカウト機能」
といった有料オプションもご用意しております。

・ピックアップ掲載
トップページの目立つ位置に掲載します。
ここをクリックするとその企業が掲載している求人が
全て表示されるため、獣医師・看護師・トリマーなど
職種ごとに求人を掲載している場合は、
それら全てが表示されることになり、とてもお得です。

・自動掲載更新
通常求人情報は1ヶ月で掲載終了しますが(再掲載は何度でも無料)
掲載中止をされない限り自動的に掲載を継続するサービスです。
継続的に求人をしたい場合にオススメです。

・スカウト機能
登録している求職者の方を検索し、
直接スカウトメールを送ることが可能です。

なお、お支払方法は銀行振込とクレジットカード払いから
選択いただくことができ、口座登録など面倒なお手続きは不要です。
(自動掲載更新はクレジットカード払いのみとなります)

ペットリクルートは、
以上のような特徴を備えた求人サイトです。

良い人財との出会いのためには、
病院の情報を届けるチャネルを一つでも多くもつことが大切です。
ぜひ完全無料で求人掲載可能のペットリクルートをご活用ください。
(もちろん弊社会員様でなくても完全無料でご利用可能です。)

ペットリクルートが、動物病院業界、ペット業界に
良い出会いをひとつでも多くもたらす一助となれば幸いです。

 

▼会員登録&無料求人掲載をご希望される方はこちらから▼
https://pet-recruit.com/com/register-step1.html

▼ペットリクルートの詳細についてはこちらから▼
https://pet-recruit.com/kigyou.html

 

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナー En-Jin 企業理念

1.院長先生の想いを推進する「エンジン」に
ノウハウや理屈を教えるだけではなく実務を推進。
「やりたいこと」を形にします。

2.動物病院のメンバーが「円陣」を組めるように
病院全体がイキイキと同じ方向に進めるよう、
スタッフマネジメントをサポートします。

3.動物病院に多くの出会いをもたらす「縁人」に
飼主様・スタッフ・外部専門家などとのご縁をつなぐ
架け橋になります。

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナーEn-Jinホームページ


台風から考える有事対応準備の大切さ


  • カテゴリ:ブログで動物病院経営セミナー(ウチ向きの課題)


先日の台風21号は
日本各地に大きな被害をもたらしました。

被害に遭われた方、
今もなお事後の対応に追われている方には
心よりお見舞い申し上げます。

 

私は、台風が関東に上陸した朝に
ちょうど出張で電車を利用したのですが、
多くの路線が運休となるなど
駅も混乱している様子でした。

また東京駅のおみやげ売り場では
多くのシャッターに
「台風接近により営業開始時刻が遅れる場合があります」
という貼り紙がされていました。

おそらくこれは、
災害等で従業員の通勤が困難な場合は
営業時間を変更するということ、
そしてその旨をシャッターに貼り紙をすることが
あらかじめ決められているためでしょう。
従業員、お客様の双方に配慮した
とても合理的な判断だと思いました。

 

皆様の動物病院では、自然災害のような「有事」の際に
どのように対応するかを決められているでしょうか?
動物病院という、多くのスタッフ、多くの飼主様に
影響のある事業を行う上では、有事対応のガイドラインを
おおまかにでも決めておかれることをお勧めします。

例えば台風の直撃が予想される場合には、

・臨時休診や営業時間の変更をする
(それをどのように飼主様に発信するかも決めておく)
・来院が減少することを見込んで人員を減らして営業する
・遠方からの出勤や、電車通勤のスタッフは休みにする
・病院の周囲の飛ばされそうなもの、危険物などを撤去する
・どうしても朝から人員が必要な場合は前泊を依頼する
・帰宅できない場合の対応を検討する(泊まる場所など)
・台風が過ぎ去った後に破損などがないか
確認する箇所(病院の周囲など)を決めておく。

などの対応が考えられます。
もちろんどのような対応をするかは病院によって
それぞれでよいですし、ルールを決めていても
臨機応変に判断することは必要です。
しかし、災害が予想できたにもかかわらず
当日になって「どうしよう」とバタバタしたり、
スタッフが無理をして出勤して事故に遭うことなどは
ぜひ避けていただきたいと思います。

今週末には台風22号の日本への接近も予想されています。
災害の記憶が新しいうちに、
ぜひ有事対応について考えてみていただければと思います。

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナー En-Jin 企業理念

1.院長先生の想いを推進する「エンジン」に
ノウハウや理屈を教えるだけではなく実務を推進。
「やりたいこと」を形にします。

2.動物病院のメンバーが「円陣」を組めるように
病院全体がイキイキと同じ方向に進めるよう、
スタッフマネジメントをサポートします。

3.動物病院に多くの出会いをもたらす「縁人」に
飼主様・スタッフ・外部専門家などとのご縁をつなぐ
架け橋になります。

//////////////////////////////////////////////////////


2018年卒 求人採用動向 経過報告


  • カテゴリ:ブログで動物病院経営セミナー(ウチ向きの課題)


季節はすっかり秋になりました。
明け10月2日には、多くの企業で内定式が行われることでしょう。

当社がお付き合いをさせていただいている各動物病院でも
徐々に内定者が出揃い、2018年新卒の採用を締め切る病院も
出始めてきました。

今年は非常に嬉しいことに

・数年ぶりに獣医師・看護師ともに複数名の内定が出た
・過去最高の内定者数だった
・これまで採用実績のなかった大学・専門学校から内定が出た
・初めて在学中の獣医学生がアルバイトに来ることになった
・ずっと欲しかった経験者の獣医師が入社することになった

など、求人に関する有難いご報告をたくさんいただいています。

しかし、これらの動物病院が毎年思い通りに採用活動を
展開できているかというと、決してそうではありません。
思うように採用ができず、院長先生と一緒に悩み、
苦い思いをしたことも、これまでたくさんありました。

また採用に関しては、相手があることですので、
かけた時間やお金が必ずしも結果に反映されるとは限らず、
「運」や「縁」に左右されるというのも抗いがたい事実です。

 

ただ一つ言えることは、今年の採用活動で成功された病院は
労を惜しまず、多くの学生と出会う機会を持たれてきたということです。

・オリジナルのわかりやすい求人資料を作り、多くの学校に発送する。
(獣医師はもちろん、看護師も全国の学校に送っており、
東北の学校から関西の動物病院への就職などの事例も出ています)
・求人専用サイトを作るなど、求職者にわかりやすく情報発信する。
・無料の求人サイトなど、使えるツールはもれなく使い窓口を増やす。
・大学や企業などが主催する就職説明会に参加する。
・自ら学校に申し込んで就職説明の機会を作ってもらう。
・知人などを通じて求職者を紹介してもらう。

ということに、各病院、例年以上に熱心に取り組まれてきました。

また就職説明会や実習の受け入れなどの際は、
院長先生だけでなくスタッフ一丸となって取り組んできました。

そのように採用活動に多くの時間と人手を費やして
来られてくるのを間近で拝見していたので、
それを微力ながらお手伝いできたこと、
そして結果が伴ってきたことは私もとても嬉しく感じています。

自ら行動し、多くの求職者と出会うことの大切さを
改めて痛感させられた1年となりました。

またもう一つ強く感じたことが「就職活動の早期化」です。
獣医学生の場合、最近は4年や5年である程度実習を回り、
6年になる頃には就職先を決めてしまうというケースも
珍しくありません。中にはもっと早いケースもあります。

既にいくつかの病院は2018年卒の学生に内定を出しつつ、
2019年以降卒の学生の実習を受け入れるなど
早め早めに行動をされています。

当社でも、来月には有志の動物病院を募り、
獣医大学で合同就職説明会を開催してきます。

採用の肝は「人事を尽くして天命を待つ」ことだと思います。
採用をお考えの動物病院には、よい出会いのために、
使える機会は全て使うという気概で臨んでいただきたいと
思いますし、当社もそれに負けないよう「人事を尽くす」ための
お手伝いを精一杯やっていきたいと考えています。

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナー En-Jin 企業理念

1.院長先生の想いを推進する「エンジン」に
ノウハウや理屈を教えるだけではなく実務を推進。
「やりたいこと」を形にします。

2.動物病院のメンバーが「円陣」を組めるように
病院全体がイキイキと同じ方向に進めるよう、
スタッフマネジメントをサポートします。

3.動物病院に多くの出会いをもたらす「縁人」に
飼主様・スタッフ・外部専門家などとのご縁をつなぐ
架け橋になります。

//////////////////////////////////////////////////////


動物病院のための節税対策基礎講座


  • カテゴリ:ブログで動物病院経営セミナー(ウチ向きの課題)


動物病院の院長先生とお話をしている中で、
「節税」についての話題になることがよくあります。

節税というと本来税理士や公認会計士の先生方の守備範囲であり、
私のようなコンサルタントが節税についてのアドバイスをするという
イメージはあまり一般的ではないかもしれませんが、
少しでも経営のお役に立てればということで、
基本的な節税対策などについてアドバイスを
させていただく機会も決して少なくありません。

今回はその中のいくつかを紹介したいと思います。

※税務の詳細については必ず顧問の税理士、会計士の先生の
ご意見ご判断を仰いでいただきますよう、お願い致します。

 

1.出張旅費規程を使った節税


院長先生やスタッフが学会等で出張する際、
その費用はどのように精算していますか?
実際にかかった金額を領収書で提出してその金額を精算する、
いわゆる「実費精算」を採用されているケースが多いと思いますが、
これを「出張日当」の精算に切り替えることで、節税することができます。

例えば出張旅費規程で
「院長が宿泊を伴う出張をする場合は15000円の宿泊日当を支給する」
と定めておくとします。
すると宿泊出張時に仮に実際にかかった宿泊費が10000円だったとしても
宿泊日当として15000円を院長に支給することができ
その全額が損金として認められるのです。
しかもこの15000円は所得税法上の給与とはなりませんので、
院長先生個人の所得税が増えることはありません。

要は、会社としては実際には10000円しか出費していないのに
15000円を費用計上することで法人税を減らすことができ、
院長個人としては差額の5000円分支給額が増え、
所得税も増えないということを実現できるのです。

ただし、日当を院長先生だけに支給し、スタッフの出張時は1円も出さない
というような出張旅費規程は認められません(金額に差をつけるのはOK)。
したがってスタッフの出張が非常に多い病院などでは、日当による費用増
にもつながりますので、実費精算か日当精算のどちらを導入するかは
顧問税理士の先生とよく相談されることをお勧めします。

また上記の例では「15000円」とした宿泊日当を、
例えば「10万円」にすればもっと節税できるではないかと
考えたくなりますが、そういうわけにはいきません。
日当の金額については
あくまでも「社会通念上、必要と認められる範囲」という条件があります。
具体的な金額等については顧問税理士の先生と相談ください。

この出張旅費規程を使った節税策は出張の多い企業では
しばしば使われるメジャーなものです。
「出張旅費規程 節税」などのキーワードで検索すれば、
もっと詳しく書かれたサイトや規程のひな形なども出てきますので、
ぜひ一度目を通してみてください。

 

2.経営セーフティ共済を使った節税


「経営セーフティ共済」(中小企業倒産防止共済)という制度をご存知でしょうか。

この制度は独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営するもので、

①共済の掛け金は全額損金算入

②掛金総額は800万円まで。掛金月額は5000円から20万円まで。

③40カ月以上払い込むと解約手当金で100%返金される(元本保証)。

などの特徴があります。
(他にも業績不振の場合に一時貸付金として
貸し付けを受けられるなどのメリットがあります。)

なんといっても、①の共済の掛け金は全額損金算入というのが大きいです。
いわば、企業としての内部留保を損金として計上できるような感覚です。

また掛金の変更や翌年分の掛金の前納もできますので、
決算間近になって想定以上に利益が出そうな見込みが立てば
掛金を増額したり、翌年の掛金を前納することで損金を計上し、
利益を圧縮することができ、大きな節税効果があります。

ただし将来共済を解約するときにもらえる解約手当金は益金となりますので
退職金を計上したり業績が悪化するなどして赤字になったタイミングで解約し
利益を相殺するのがおすすめです。

詳細については中小機構のホームページをご覧ください。

中小機構:経営セーフティ共済について

 

3.<番外編>小規模企業共済を使った節税


最後は番外編です。

これは動物病院(企業)の節税ではなく、
経営者である院長先生個人の節税のお話です。

小規模企業共済は「経営者にも退職金を!」という
キャッチコピーがつけられた共済制度で、
その名の通り小規模な企業の経営者、個人事業主が
加入できるものです。

毎月の掛金(最大68000円)が全額所得控除されるため、
その分所得税の節税につながります。
理屈としては前段で紹介した経営セーフティ共済と似ており、
「損金を使って退職金を積み立てることができる」という制度です。
解約時にもらえるお金が益金となるため、退職金等と相殺した
方がよいという点についても経営セーフティ共済と同様です。

詳しい加入資格や解約の条件などについては
中小機構のHPをご覧ください。

中小機構:小規模企業共済について

 

 

以上、今回は動物病院が利用できる簡単な節税対策を紹介しました。

ただし「節税」に躍起になりすぎて必要のないものを購入したり
関心のないサービスを受けたりということは
かえって事業にとってマイナスになることもあり本末転倒です。
また言わずもがなですが「脱税」は犯罪です。

顧問の税理士先生、会計士先生とよく相談し、
それぞれの病院にあった形で節税に取り組んでいただければと思います。

 

<参考書籍紹介>



 

//////////////////////////////////////////////////////

動物病院経営パートナー En-Jin 企業理念

1.院長先生の想いを推進する「エンジン」に
ノウハウや理屈を教えるだけではなく実務を推進。
「やりたいこと」を形にします。

2.動物病院のメンバーが「円陣」を組めるように
病院全体がイキイキと同じ方向に進めるよう、
スタッフマネジメントをサポートします。

3.動物病院に多くの出会いをもたらす「縁人」に
飼主様・スタッフ・外部専門家などとのご縁をつなぐ
架け橋になります。

//////////////////////////////////////////////////////